拝啓、ぶいしっくす様。

V6へのお手紙です。ただのファンです。否、ファンと名乗るのはおこがましいかもしれませんね。そんなわたしのV6の好きなところを。思うだけ。最後にはいつもこれで、立場上身分を明かせないことをお許しください。大好きです。

Ride On Time

 

 

 

ずっと若いグループの販促の番組だと思ってた、この番組。

なんと今夜、V6が、

しかもシーズンのトリで4週に渡って、特集されるではないか。

 

V6、あまり自分たちについて、語ること、

地上波ではあまり見ない気がするから、

ちょっとなんか、ドキドキしています。

 

きっとライブ映像も流れるだろうし、

これを機にV6のエモすぎる演出が日本中に見つかって欲しいです。

 

予告映像で、三宅さんがこれからのことについて、

語っていましたが、

延期になってしまいましたが、

シリアルコードの件もそうですが、

なんの迷いもなく、

ファンに未来を約束してくれるV6が大好きで、

 

どんな形になってもそれは変わらないです。

V6 For the 25th anniversaryコスパが良すぎる件

 

 

ご無沙汰になりがち、お元気ですか?

 

しばし仕事でバタバタしていて、

ようやく2月20日にお休みをとって

心の奥底で森田剛さんのお誕生日を祝いながら、

V6 For the 25th anniversary視聴。

 

今回も、もちろん全形態買い

 

そして今回は全部ブルーレイ版で購入しました。

 

実はV6さんに夢中になる前までは、

よくあるアイドルの売り方っぽくて『全形態買い』は推奨派ではありませんでした。

正直、いくらちょっとおまけ映像が違うとはいえ、嫌な売り方だなとさえ思ってた。

 

でも今は躊躇なくポチってます。うん。

 

急な思考の転換には色々思うところがありまして、

まあ、端的に言いますと。

あまり考えたくないんですが、人って必ず老いていくんですよね。

 

私は、20周年でもバク転してくれたり、

全員が40代になった今も変わらず爆踊り爆走りしてくれるV6さんが大好きです。

年齢に関係なく、各々の進む道がどんなに多岐にわたっていても、

6人でいる時だけは、アイドルでいようと頑張ってくれる、彼らが大好きです。

そんな仕草を垣間見るたびに、彼らはやっぱりプロフェッショナルだな、と眺めながら嬉しい気持ちになります。

 

どんな形のV6も好きだけど、

『楽しもう』をベースに走り続ける6人が大好きなんです。

でも、大好きだからこそ、別れが寂しいし、想像したくない。

でも老いというのはずっとつきまとってくる、彼らだけでなく、全ての人がそうなの。

 

踊り続けていく、攻め続けていく姿勢のV6が大好きだけど、

いつか絶対、フィナーレを迎える時が来るとおもいます。

 

去年、色々なコンテンツに触れる中で、とてもそれを身近に感じてしまったから、

だから、くるかわからない、できればきてほしくないお別れまでの間、

残された時間は決して長くないかもしれないと思った私は、

この貴重な残り時間、なるべく全力で推していたいと思うようになりました。

 

『推しは推せるときに推す』

なので、数少ないシングルを全形態買って、なんとか摂取できるうちに推しをみて癒されようと。元気をもらおうと思ったんです。

 

さて、そんな管理人のどうでもいい話はどうでもよくて(日本語)

なんの話がしたかったかと言いますと、

今回のDVD特典。豪華すぎないですか?(語彙力皆無)

若い頃からの彼らを追いかけるような映像をブルーレイの超高画質で拝見できたことが

とても嬉しすぎて、困ってしまいました。

このお値段で、ここまで見れちゃっていいの…??大丈夫…?

利益とれてるの…??って

満足度の高い収録内容でした。

 

個人的には、

ライブ本編でIt's my lifeで井ノ原さんのマイク切れてたとこがちゃんと音入って収録されてたところと、

私たちがリアルにライブで歓声あげてたであろうポイントで

気のせいかもですが、配信時より歓声のSE増やして差し込まれてて、嬉しかったです。

楽しかったな。

 

V6のライブ

配信ならではを全面に押し出す。ではなく、

配信でしかできないライブを作り出していて、とても感動した。

 

30周年は全てのV6を応援する人みんなできっと

代々木でお祝いできますように。

 

 

 V6さん25周年おめでとうございます!

26年目も大好きです!

 

 

豊麗な6人の男たちoh

 

 

 

管理人の芳井です。

 

ブログ開設にあたり、

プロフィール写真?いわばブログの顔を決めなくてはと、

1週間ほど考えておりました。

 

そこで決めたのが、こちらのお写真

 

 

 

カリンのお花です。

といいますのも、

11月1日の誕生花らしく、

私個人の誕生花なんて知りませんが、

V6さんのは知っていました。

カリンのお花。

ピンクでかわいい小さなお花です。

 

なんで誕生花?と思うことでしょう。

単純にデビュー日に絡めたアイテムなんてこの世にたくさんあります。

 

その中でも私が誕生花にこだわってしまったのは、ソレが彼らそのものすぎたからです。

 

カリンの花言葉は、

唯一の恋、豊麗

だそうです。

 

『唯一の恋』

これまでなんでも飽きてきた私にとって6年もアイドルにハマるなんて信じられないことで、とてもびっくりしています。

 

どんな好きなものも、マイブームが過ぎ去ると、

「好きだけど、熱烈には推さない。」

が常だった私が、

年中無休で唯一、恋してる6人の男たちであって。

ああ、尊すぎて溶けてしまいそうな気分になりました。

 

そしてもう一つ、

 

『豊麗』

 

こちらは、"ほうれい"と読みます。

意味は、豊かで美しいこと(そのさま)です。

もうV6さんそのものじゃないですか?そうですよね?

この意味、そしてあの控えめな小さめのお花が、

ガツガツしすぎないのに、そこに凛と咲いてるようなV6さんのことそのまま表したかのような気持ちがしてしんどくなりました(いい意味で)

 

足元に凛と咲いた小さな花の名前、

私がV6さんに教えるなら、その花はカリンです。

 

ちなみに、カリンの花は木の上になります。

 

全く足元ではありませんね。

 

私にとってはV6さんは、

足元なんかじゃなくて、

ずっと包んでくれるような大きい存在です。

 

ずっと見上げて生きていたい。

 

だいすき。

V6のココスキ、拝啓ぶいしっくす様

 

はじめまして。

管理人の芳井です。

「よしい」と読みます。

 

さてなぜこのタイミングで、

ブログを始めようと思ったのか。

 

始まりはいつも唐突なもので、

どうかこの私の思いをどこかへぶつけたい。

誰かと共感したい。

 

なブログです。

ブログなんてたいそうなものにはなりません。

拙い、文章を、

つらつらと。

 

そんな私の軽いプロフィールです。

 

名前:芳井

年齢:非公開

職業:非公開

ファン歴:6年目です

推し:井ノ原さん、、、といいつつ全員好き。

 

そんな私はまだまだ20周年のあの波に呑まれてやってきた新参者でして、幾分ブログなんて場で偉そうな口叩けるモンでもないのです。

どうかお手柔らかに。